首里城火災の出火原因は?広範囲焼失に悲しみの声が広がる

2019年10月31日午前2時40分ごろ首里城から煙が上がっていると通報があり、「正殿」「北殿」「南殿」が全焼しています。

首里城の出火原因は何だったのでしょうか。

スポンサードリンク

首里城が火災で全焼!被害状況は?

2019年10月31日午前2時40分ごろ首里城から煙が上がっていると通報があり、「正殿」「北殿」「南殿」が全焼しています。

 31日午前2時40分ごろ、那覇市の首里城で「煙が上がっている」と警備会社から119番通報があった。

正殿などが激しい炎を上げて燃え、消防車両が10台以上出動して消火に当たったが、首里城の正殿と北殿、南殿がいずれもほぼ全焼した。

沖縄県警那覇署などは周辺住民を避難誘導した。けが人の情報はない。

引用:産経新聞より

9:30時点の発表によると、これまでに正殿、北殿、南殿など6棟が焼け、約4200平方メートルが焼失したと報じられています。

スポンサードリンク

首里城火災の出火原因は何?

https://twitter.com/m_iii4/status/1189697717032767489?s=21

首里城の出火原因は現在調査中となっており、まだ詳しい出火原因は分かっていません。

ネット上では、天井裏の配電が出火元になっているのでは?との声が上がっていますが、詳しい事が判明次第、追記します。

それにしても、火の周りが早いのか、全焼してしまった事は残念でなりません。

スポンサードリンク

首里城火災の歴史

https://twitter.com/ashely1000/status/1189657756422139906?s=21

首里城は、1925年に正殿が国宝に指定されていましたが、太平洋戦争で建物は全て焼失しています。

1992年に主要部分が復元。

2000年の九州・沖縄サミットでは北殿が首脳夕食会場に使用されてました。

首里城跡を含む「琉球王国のグスクおよび関連遺産群」が世界遺産に登録され、沖縄を代表する見どころの1つでした。

スポンサードリンク

首里城焼失に悲しみの声


https://twitter.com/rokupopoco/status/1189700400623960065?s=21

ノートルダム大聖堂の出火原因は「はんだごて」?ステンドグラス・薔薇窓も消失!

2019.04.16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です