「すめらぎいやさか」の意味とは?天皇彌榮の読み方や込められた思いについて

すめらぎいやさか,意味,

5月1日から元号が「平成」から「令和」に変わり、新天皇が、即位されましたね!

今回、天皇彌榮「すめらぎいやさか」という言葉を聞き、この耳慣れないワードが、どういう意味なのか調べてみました!

スポンサードリンク

天皇彌榮「すめらぎいやさか」の意味とは?込められた思いや読み方について

「天皇彌榮」という漢字ですが、

「すめらぎ いやさか」と読めます。

「天皇」という文字は、普段「てんのう」と読んでいると思いますが、これは中国読み(音読み)です。

日本古来の言葉の大和言葉読み(訓読み)すると、

「すめらき」
「すめらぎ」
「すめらみこと」

と読むことができます。

彌は「弥」という字の旧字体です。

花が咲き誇る様子を表す字で、「ますます」という意味があります。

草木が芽吹いて生命力に満ちた3月を「弥生」と呼ぶのは、そういう理由からなんですね。

そして、榮は「栄」の旧字体です。

この漢字は、「さかえる」「繁栄する」という意味があります。

天皇彌榮の漢字を紐解くと、

「天皇の御代がますます繁栄しますように」

という願いのこもった言葉でした。

スポンサードリンク

「すめらみこと」と「すめらぎ」は違う?

天皇のことを、「すめらみこと」と読むと、特定の天皇、もしくは今上天皇を指しています。

「すめろき」と「すめらぎ」は、代々続く皇統を意味し、古より続く皇統の連続性を含んだ文脈で用いられる読み方です。

現在では、発音のしやすい「すめらぎ」と読む方が多いそうです。

スポンサードリンク

まとめ

天皇彌榮「すめらぎ いやさか」に込められた意味と読み方についてまとめてみました。

新天皇が即位された今日こそ、「すめらぎいやさか」を使ってみたいと思います。

スポンサードリンク