登戸駅になぜ?ドラえもんとの関係は?どこでもドアや駅名標の装飾がかわいい!【画像】

登戸,ドラえもん,なぜ,関係,どこでもドア,画像

小田急線の登戸駅内がドラえもん仕様になり、エレベーターがどこでもドアの装飾をされるなど、かわいい!と話題です。

なぜ登戸駅がドラえもん一色になったのか、ドラえもんとの関係は何か調べてみました!

スポンサードリンク

登戸駅にドラえもんが出現したのはなぜ?登戸とドラえもんの関係は?

登戸,ドラえもん,なぜ,関係,どこでもドア,画像3

登戸駅がドラえもん仕様に!

ドラえもんの原作者「藤子・F・不二雄」さんのミュージアムに行く際の最寄り駅のため、ミュージアム監修のもと、登戸駅がドラえもん装飾する事にしたようです。

「藤子・F・不二雄」さんは、富山の生まれですが、なくなる前までの35年間を川崎市の多摩地区で暮らしていました。

1981年には川崎市に縁のある文化人として、川崎市文化賞を受賞しています。

登戸,ドラえもん,なぜ,関係,どこでもドア,画像

藤子・F・不二雄ミュージアム

藤子・F・不二雄ミュージアム建設のきっかけは、先生が亡くなられた後、先生の奥様が「膨大な作品原稿や資料を散逸させぬよう、そして先生の作品を応援してくれたファンのみなさまに恩返しがしたい」という気持ちでスタートしたのだそうです。

藤子・F・不二雄さんがお亡くなりになるまで過ごした川崎の多摩地区に、ミュージアムを建設することになったことで、今回、最寄りの登戸駅もドラえもん仕様に改装するということになったようですね。

登戸駅の駅名標やエレベーターがどこでもドアに!かわいい画像

登戸駅名標もドラえもん仕様!

案内表示板はドラえもんカラー

トイレにはドラえもんとドラミちゃん

https://twitter.com/ss_yuki_g4/status/1100164433936936960

エレベーターはどこでもドア!

リアルなどこでもドア

https://twitter.com/ss_yuki_g4/status/1100313523073118209

待合室ベンチもドラえもん

登戸,ドラえもん,なぜ,関係,どこでもドア,画像

登戸駅のドラえもん仕様をみた感想

https://twitter.com/wari4oyu6/status/1100411323353972739


https://twitter.com/3Do35/status/1100408625292439553


https://twitter.com/asaminnie12/status/1100405875829747712

スポンサードリンク

まとめ

小田急線登戸駅がとても遊び心のあるドラえもん仕様に生まれ変わりました。

どこでもドアのエレベータに乗ったり、駅の中でドラえもんをさがしたりと、電車を待つ間も楽しくなりそうです。

こんなかわいい駅なら、登戸駅から藤子・F・不二雄ミュージアムへ行ってみたくなりますね。

スポンサードリンク

川崎市登戸第一公園で通り魔殺傷事件!現場になった公園の場所はどこ?【画像】

2019.05.28