山手線新駅名・公募130位「高輪ゲートウェイ」に!センスなくダサい?

高輪ゲートウェイ

2020年に山手線田町~品川駅間に開業を予定している、
新駅の名前が、公募順位130位の「高輪ゲートウェイ」に決定しました!!

山手線らしからぬネーミングセンスにダサいと評判になっています。
なぜこの名前に決定したのか、調べてみました。

スポンサードリンク

山手線新駅名なぜ「高輪ゲートウェイ」に?

知らなかったのですが、新駅名の公募が行われており、
その中の130位で応募が36件の「高輪ゲートウェイ」が選ばれました。

1位から10位の駅名はこちら

1位:高輪(8398件)
2位:芝浦(4265件)
3位:芝浜(3497件)
4位:新品川と泉岳寺(各2422件)同数
6位:新高輪(1275件)
7位:港南(1224件)
8位:高輪泉岳寺(1009件)
9位:JR泉岳寺(749件)
10位:品田(635件)

いたってまともで、安心感のある駅名だなと思います。
やはり上位10位の中の名前であれば、

違和感なく新駅名を歓迎できそうな名前です。
今の山手線の駅名ともマッチしてますね。

ただ、公募してもその1位になった名前を必ずつける
決まりはないそうです。

この「高輪ゲートウェイ」にした理由として、東日本旅客鉄道株式会社は、

この地域は、古来より街道が通じ
江戸の玄関口として賑わいをみせた地であり、

明治時代には地域をつなぐ鉄道が開通した
由緒あるエリアという歴史的背景を持っています。

新しい街は、世界中から先進的な企業と人材が集う
国際交流拠点の形成を目指しており、
新駅はこの地域の歴史を受け継ぎ、
今後も交流拠点としての機能を担うことになります。

新しい駅が、過去と未来、日本と世界、
そして多くの人々をつなぐ結節点として、
街全体の発展に寄与するよう選定しました。

と発表しています。

この選定理由から、なぜ130位だった「高輪ゲートウェイ」になったのか
理解に苦しみますが、ツイッター上でもこの選定についてかなり話題になっていました。

「高輪ゲートウェイ」はセンスなし!ダサい?

ツイッター上では、センスない!ダサい!と盛り上がっていました。

地元商店の会長も、あまり乗り気ではない様子。

新駅名がかっこいい!いいね!!と思っている声はほぼ見つけられず…。
まだ2020年までには時間があるので、この反応を機に、
再度考え直してみてもいいのではないかと思います。

ちなみに、「高輪ゲートウェイ」に応募した36名には、
クリスタルぺーパーウェイトを贈呈されるようです。
更に応募者の中から抽選で100名にも送られるとの事です。

クリスタルぺーパーウェイト

スポンサードリンク

まとめ

山手線に新駅ができるという事で、かなりの注目が集まっていると思いますが、
ネーミングの選定理由も曖昧で、駅名を残念に思う声が多数でした。
もしかすると、反発が強いほど親しみも増すのかもしれません。
今から「高輪ゲートウェイ」駅の完成が楽しみです!!

スポンサードリンク