粟野咲莉の食べ方はわざとらしい?でも演技力は高評価!【なつぞら・なつ子役】

粟野咲莉,食べ方,かわいい,苦手,演技上手い

4月1日から朝ドラ「なつぞら」が始まりましたね。

主役の広瀬すずさんの幼少期を演じている粟野咲莉さんの食べ方がかわいい?苦手?と話題になっており、どんな食べ方をしていたのか気になります。

粟野咲莉さんは、朝ドラ開始して1週目にして、その演技力の高さがすでに高評価で注目が集まっています!

スポンサードリンク

粟野咲莉の食べ方はかわいい?わざとらしくて苦手?

粟野咲莉さんは、ジャガイモを口に入れると、上下に噛むというより、口をぐるぐる回しながら食べる食べ方で、どんどん回転が早くなるのも気になってしまいました。

この食べ方に、「かわいい」と肯定的な意見と、「苦手」といった声があがっています。

粟野咲莉の食べ方が「かわいい」

粟野咲莉の食べ方が「苦手」

どちらかというと、違和感を感じる人の方が多い気がします。

スポンサードリンク

粟野咲莉の演技力が高評価!なつぞらには何話まで出演する?

粟野咲莉さんの食べ方には賛否あるようですが、演技力は絶賛されています。

なつぞらが始まり4話目にして、既に粟野咲莉さん扮する「なつ」に感情移入し朝から涙する人も出てきています。

粟野咲莉さんは、今回の役作りについて、

粟野は「戦争を経験していないので、戦災孤児の気持ちを作ることが難しかったです。

映像を見たりして、なつの心の中が表現できるように一生懸命考えて演じました」と話し、大人たちを驚かせていた。

粟野咲莉さんは、約250人の中からオーデションで選ばれており、

「ひと目見たときから、印象的だった。クレバーで表現力があって、目を引いた」

と制作統括の磯智明氏が選んだ理由を明かしています。

粟野咲莉さんの出演は、2週の最後(12話)までの出演となっています。2週間という短い期間ですが、粟野さんの演技を堪能したいと思います。

粟野咲莉の演技力について

スポンサードリンク

まとめ

なつぞらに出演の、粟野咲莉さんの食べ方がとても特徴的で、演技よりも食べ方に目が奪われてしまうシーンがありました。

賛否両論ありますが、上下に噛まない食べ方に、否定的な意見の方が少し多いようでした。

食べ方は変わっていますが、粟野咲莉さんの演技力は高く、朝からホロリと暖かい気持ちになれる演技を披露しています。

なつぞらには、初回から2週間ほどの出演ですが、既にしっかりと爪痕を残していますね。

今後が楽しみな女優さんです。

【比較画像】粟野咲莉は芦田愛菜と顔が似ている?事務所も同じ!

2019.04.05
スポンサードリンク