【画像】井岡一翔タトゥーの意味は?入れ墨消し要請で隠す理由は何?

井岡一翔,入れ墨,画像

WBO世界スーパーフライ級2位の井岡一翔さんが、2019年6月18日に、同級王座決定戦の前日計量に臨み、一発クリアしました。

その際に、左腕にあるタトゥーをテーピングで隠しており、なぜ隠しているのかや、どんな刺青を入れているのか気になったので、調べてみました!

スポンサードリンク

井岡一翔のタトゥー消し要請!テーピングで隠した理由は?画像

井岡一翔,タトゥー,刺青,テーピング,意味,理由

左:対戦相手のアストン・パリクテ 右:井岡一翔


JBCの規則では体にタトゥーや入れ墨があると、試合どころかプロテストを受けることができないとしています。

2017年12月に引退していましたが、2018年9月に海外で復帰した際には、タトゥーを掘っていた井岡一翔さん。

2019年3月に再びJBCのライセンスを取得したことで、試合ではJBC規則に従う必要が出てきました。

そもそも、プロテストは受けられないものよ、再びライセンスを取得する場合は、タトゥーがあっても合格できるものなのですね。

井岡一翔,入れ墨,画像

左:対戦相手のアストン・パリクテ 右:井岡一翔

テーピングで隠している井岡さんに反して、対戦相手のアストンパリクテさんのほうは、肩から腕いっぱいにタトゥーが入っているのも対照的で気になります。

先週のイベントや公開練習でも半袖姿でタトゥーが目立
っており、ネット上でも批判的な声があったのを考慮し、JBCからは、「計量の際には消してくるように」との通達が出されたため、テーピングで入れ墨を隠して計量に望んだとの事でした。

もっともこれは「警告」やペナルティーの類いではなく、2年ぶりの国内試合で日本初の偉業がかかる決戦に余計な“ケチ”がつかないように…というJBCのいわば親心。

Yahoo!headlineニュースより

JBC的には、世間の目を配慮しての措置との事で、井岡さんに対してのペナルティーではないとの事です。

井岡さんは、2019年6月19日の試合当日には、専用のファンデーションスプレーを使い、タトゥーを消して試合に挑むとされています。

スポンサードリンク

井岡一翔のタトゥー画像!刺青を入れた意味は何?

井岡一翔,タトゥー,刺青,テーピング,意味,理由

左:対戦相手のアストン・パリクテ 右:井岡一翔

国内初の4階級制覇がかかった大一番に臨む井岡は「日本のジムに所属しており、日本人である以上、ルールに従う。

(タトゥーは)ファッションではなく、意味があるものです」と話した。

Yahoo!headline newsより

井岡さんは、見た目のファッションで入れ墨を入れたのではなく、意味を込めて入れ墨を入れたと話しています。

入れ墨に込めた思いまでは語っておりませが、羽のような模様が、かなり大きく入っているのが分かりますね。

また、井岡さんの内側の腕には文字のタトゥーが刻まれています。
井岡一翔,タトゥー,画像

Thought is the blossom,
language the bud,
action the fruit behind it.

思いは花であり、
言葉は芽であり、
行動はその後に実をつける。

ラルフ・ワルド・エマーソンという思想家の言葉だそうです。

この言葉を掘った解釈までは分かりませんでしたが、腕に入れようとまで思った言葉なので、思い入れは相当なものでしょうね。

井岡一翔・世界戦のラウンドガール岡田佑里乃が可愛いと話題!【画像】

2019.06.20

スポンサードリンク

井岡一翔のタトゥー画像と刺青を入れた意味や隠す理由は何?まとめ

井岡一翔さんの入れた入れ墨についてと、今回の試合計量で、腕にテーピングをしタトゥーを隠していた事について見ていきました。

決してファッションの一部として入れたのではなく、強い思い入れがあって入れたとの事でした。

入れ墨も気になりますが、試合に勝ちタイトルを取って欲しいですね!応援しています!!

スポンサードリンク