錦織圭はなぜチョレイ‼︎とサイン?チョレイの意味とは?テレ東が卓球・張本と間違えたのが発端?

テニスの4大大会・全仏オープンで2019年6月3日、男子シングルス4回戦が行われました。

第7シードで世界ランク7位の錦織圭選手が3-2で準々決勝進出を決めています。

そんな錦織選手ですが、死闘後に勝者の恒例となっているカメラのレンズに言葉を書くシーンで、「チョレイ!!」と書き、謎な言葉に困惑する人が続出しています。

なぜサインではなく「チョレイ」と書いたのか?「チョレイ」の意味とは何なのでしょうか?

スポンサードリンク

「チョレイ」とはどんな意味?錦織圭がカメラにサインし話題に!

2日に渡る死闘を制し、見事ベスト8入りした錦織選手。

勝利後、通常はカメラのレンズに自身のサインを書き込むはずですが、今回の錦織選手は、なぜかカタカナで「チョレイ!!」と書いています。

チョレイといえば卓球の“張本智和の雄たけびとして知られており、張本選手はチョレイについて、「意味はない」としています。

卓球・愛ちゃんの「サーッ!」が、張本選手の場合、「チョレイ!」という声がでるそうです。

スポンサードリンク

テレ東が張本智和と錦織圭を間違えたことからチョレイ!!に?

テレビ東京の公式HPで、「錦織圭vsジェレ」と書くところを、なぜか卓球の張本選手の名前がのり、「張本智和vsジェレ」となっていました。

錦織選手が、チョレイ!!と書いたのは、公式間違いに対する反応だったようです。

試合後の「チョレイ!!」サインについて

「まあ気分的に『チョレイ』って気分だったので笑。

本当は張本くんの一番いい時の、海老反りみたいなガッツポーズをしたかったんですけど、全く元気が出なかったのでそれはできなかったですけど笑」

と語っています。

錦織選手は、気分的にチョレイ!!だったと話していますが、テレビ東京の間違いを、ユーモアに変えてしまうなんて、面白すぎますね!

試合後、チョレイと書こうと思っていたのかなとか思うと、笑ってしまいます。

スポンサードリンク

錦織圭が激闘制覇後の「チョレイ!!」サインでSNSの反応

スポンサードリンク