【優勝剥奪】韓国サッカーU18マナー違反!なぜトロフィーを踏みつけ?海外の反応も!

韓国,トロフィー踏みつけ,優勝剥奪,海外の反応

2019年5月29日、中国四川省成都で開かれたサッカー男子U-18(18歳以下)のユース国際大会「パンダカップ」で、優勝した韓国チームの代表選手の一人が優勝トロフィーを足で踏みつけ、記念写真を撮る行為を行いました。

優勝杯を冗談で踏み付けたとしても、マナー違反を超えた、モラルの問題ではないかと思います。

その写真が中国版Twitter・微博(ウェイボー)で拡散され批判が殺到する事態になりました。

複数の中国メディアも報道し、ネットは炎上状態となっています。

この不適切な行為を受け、大会組織委員会と成都市サッカー協会は韓国側に厳しい態度で抗議し、韓国代表の監督と選手一同が宿泊先のホテルで謝罪会見を行いました。

それでも騒動は収まらず、2019年5月30日に大会側は韓国チームの優勝剥奪を決定しています。

スポンサードリンク

優勝剥奪!マナー違反!韓国サッカーU18の選手はなぜトロフィーを踏みつけた?【謝罪動画】

2019年5月29日、中国四川省成都(Chengdu)で開催された年に1度のユース国際大会「パンダ・カップ(Panda Cup 2019)」で、韓国代表は29日の中国戦に3-0で勝利し優勝をきめました。

試合後、優勝トロフィーが授与された後、韓国チーム選手の一人がトロフィーに片足を載せ、優勝杯を踏みつけるポーズをとり、記念撮影をする様子が中国メディアや中国版Twitter・微博(ウェイボー)で大きく取り上げられ、批判が殺到する事態に発展しています。

この不適切な行為を受け、大会組織委員会と成都市サッカー協会は韓国側に厳しい態度で抗議し、韓国代表の監督と選手一同が宿泊先のホテルで謝罪会見を行いました。

韓国サッカーU18謝罪動画

その謝罪会見動画がこちらです。

「今回パンダカップに招待してくださった方々、サポーターの皆さん、中国サッカー協会と現地サッカーファンの皆さんに僕たちの行動によってご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ありませんでした」

「悪意はなく、許して欲しい」

と謝罪文を読み上げました。

中国メディアは、トロフィーを踏みつけただけでなく、韓国選手らがトロフィーに向かって小便するふりもしていたと伝えており、怒りの声はさらに強まり、成都サッカー協会も謝罪では不十分だとして、韓国チームの優勝を剥奪が決定しています。

韓国,トロフィー踏みつけ,優勝剥奪,海外の反応

なぜ優勝杯を踏み付けた?

踏み付けた選手の真意は分かりませんが、悪意はなかったと語っていることから、当人としては悪ふざけだったのかもしれません。

ですが、三戦全勝で勝てたことへの喜びを、このようなポーズで記念撮影することで表現しているとすると、残念でなりませんね。

優勝杯は、苦しい練習を積み重ね、勝ち抜いた勝者が手にできる象徴のはずですが、それを踏みつける行為は合ってはならない事だと思います。

スポーツをする上での勝ち負けとは関係なく、作法や道徳の問題が浮き彫りとなっているのではないでしょうか。

また大会の主催者側も許せる行為ではないのは言うまでもないですね。悪ふざけでもしていい事と悪い事を区別できないような人は、国代表として出場すべきではないと思います。

スポンサードリンク

韓国サッカーU18の優勝杯踏みつけ行為について海外の反応

韓国,トロフィー踏みつけ,優勝剥奪,海外の反応
韓国選手の優勝カップを踏みつけた行為について、中国国内では韓国人のモラルを問う意見が挙がっています。

「試合には勝ったが、人としては負けてる」

「批判されたから謝っただけ。心の中では中国を見下しているのだろう」

「中国人を傷つけた?いやそれは違う。自分たち自身が韓国のイメージを傷つけただけだ」

「本当にこの国は救いようがない」

「相手をリスペクトしないものは、他社からリスペクトを受けるに値しない」

等、韓国のモラルや品性を問題視し、批判する声が上がっています。

スポンサードリンク

【謝罪動画】韓国U18なぜトロフィーを踏みつけた?批判殺到で炎上!海外の反応は?まとめ

中国四川省成都で開催された「パンダカップ」で、3戦全勝で優勝した韓国チームが、優勝セレモニーで優勝カップに足をのせ、トロフィーを踏みつけ記念写真を撮ったことがSNSで拡散され、大炎上しています。

これを受け、「悪意はなかった、許してほしい」と謝罪していますが、大会側は優勝剥奪を決定しました。

スポーツマンシップを問われる騒動に、韓国選手の品格を問われる事態となっている一方で、優勝剥奪を決断した中国側の対応にも賞賛の声が上がっています。

スポンサードリンク