【池江璃花子】白血病公表で水泳オリンピック出場や日大大学進学は辞退?

水泳,池江璃花子,白血病,オリンピック,大学

競泳選手の池江璃花子さんが、白血病であることを発表しました。

衝撃を受けると同時に、世界中から池江選手に応援のメッセージが届いています。

2020年東京オリンピックの水泳で有力選手の一人とされている池江選手。

今年4月からは日本大学に合格し、水泳部に入学が決まっていますが、どうなるのでしょうか。

スポンサードリンク

水泳女子・池江璃花子が白血病を公表!本人のコメント全文

池江璃花子,白血病,水泳,オリンピック,日大

白血病を公表した池江璃花子選手


応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。

日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。

この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。

私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。

ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。

今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。

今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。

これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。

池江璃花子

池江さんの前向きなコメントで締めくくられていますが、白血病の公表にとてもショックを受けました。

コーチが異変に気付き、検査を受けたそうですが、まさか白血病の診断をされるとは衝撃的です。

白血病とはどんな病気?

白血病とは、一言でいうと、「ゆっくり進行する血液のがんの一種」です。

「血液のがん」ともいわれ、遺伝子変異を起こした造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖して正常な造血を阻害し、多くは骨髄のみにとどまらず血液中にも白血病細胞があふれ出てくる血液疾患である。
出典:wikipedia

練習中の池江さんは、


「これまで見たことのないような、肩で息をしているような場面があった」

「トレーニングで普段見ている池江のスピード、タイムを含めて、肩で息をするようなレベルではなかった」

と明らかな異変があったことで、コーチとともに検査をし発見に至っています。

白血病は「急性白血病」と「慢性白血病」の2種類があり、症状が大きく違うようです。

・「急性」の場合、貧血に伴う症状(倦怠感、動悸、めまい)、血小板減少に伴う易出血症状(歯肉出血、鼻出血、皮下出血など)

・「慢性」の場合、腹部膨満や微熱、倦怠感

どちらも自覚症状では白血病と断定することは難しく、やはり検査を受けなければ、白血病かの判断はできないようです。

白血病を公表した池江璃花子の日大進学やオリンピック出場はどうなる?

池江璃花子,白血病,水泳,オリンピック,日大

白血病を公表した池江璃花子選手

現在、5つの日本記録を保持している池江選手。

2020年の東京オリンピックではメダルを期待されている選手の一人でもありますが、

今後の見通しについて、現段階ではどのくらいの治療の期間が必要かはわからない状況です。

治療・回復は長期に及ぶ予想もされていますが、最終的にどのくらいの期間、トレーニングや競技から離れなければならないか明らかになっていません。

幸い早い段階で見つかってはいますが、まずは治療の経過を見てみないことには、なんとも言えないのが現状のようです。

また、池江選手は今春から日大に入学することが決まっていますが、

日本水泳連盟副会長の上野広治副会長は、

「登校できるかの問題はあるが、日大への入学、水泳部への入部は(本人と)確認を取っている。変更はない

と話しています。

今後について、池江選手自身が一番どうなるのだろうかと思っているかもしれませんが、大学進学やオリンピックの事よりも、先ずは治療に専念し、また元気な姿を見せてもらいたいです。

スポンサードリンク

まとめ

現在18歳の池江選手を襲った白血病に衝撃を受けました。

幸い早期発見できたこともあり、治らない病気ではないので、治療に専念し、また元気に泳ぐ姿をみせて欲しいなと思います。

水泳中村克はイケメンで筋肉が凄い!鈴木伸介に似てる?【画像】

2019.02.17
スポンサードリンク